アロマ調香コース

オンライン対応

アロマ調香コースとは

天然の精油のみで調香(ブレンド)する場合、忘れてはいけないのが精油の持つ薬理作用です。精油は心身に様々な影響をもたらし、癒しを与えてくれます。調香師はその作用も踏まえた上で、良い香りを創るだけでなく、お客様に最適なブレンドを行います。
 講座では、ブレンドのテクニックを学び、上達したら、精油の化学、エネルギーや薬理作用などの様々な観点からアプローチできるように練習します。
  精油は、育った環境によって、同じ植物から抽出されても香りが変わる場合があります。ですので、天然精油のみを扱う調香師は、自分の鼻を鍛え、感覚を磨き、経験を重ね、その都度配合を変えていく必要があります。
 当スクールでは、実際に現場で活躍している講師が、自らの経験をもとに実践的な指導をいたします。また、お客様からのさまざまな依頼に対応できるように柔軟なレッスンを行いますので、安心して受講してください。

こんな方が
学んでいます

  • アロマ初心者の方。
  • オリジナルの香りを作りたい。
  • パーソナルブレンドができるようになりたい。
  • ブレンダーになって空間演出をしたい。

全56時間
(1回3h 全18回)
受講料
365,000円(税別)通常350,000円(税別)
その内、入学金、テキスト代、教材費込。
日時
ご希望日時をご相談ください。

こんなことが学べます

講座終了後は、アロマコーディネーターの認定試験を受けることができ、合格すれば、アロマコーディネーターのライセンスを取得できます。
・ブレンドの基本のテクニックが学べます
・クライアントの要望に応じた香りが提案できるようになります
・実践に近い形で、ブレンドの練習をすることができます。

カリキュラム


予防医学とセルフメデュケーション

Chapter 1 健康とは
*健康とは何か
健康の定義/WHO世界保健機関憲章全文/健康の語源/健康と環境/健康の形/健康になるための要因(Quality of Life)
*人生100年時代
高齢化社会/健康寿命/センティナリアンに学ぶ生き方
*現代人が抱える健康問題
WHOファクトシート死亡原因トップ10/日本の状況(死亡順位と原因)

Chapter 2 なぜ疾患は起こるのか
*自然環境と生活環境
暮らしが与える自然環境への影響/環境が与える健康への影響/生活環境が与える健康への影響/生きる力
*免疫システム
腸管免疫/免疫寛容/免疫とアレルギー
*低体温と免疫機能
低体温が免疫機能を破壊し癌細胞を増殖させる/体内に癌細胞が発生する主な原因/癌は温めることで死滅する
*活性酸素とは
抗酸化物質について/体内で作られる抗酸化物質/体外から取り入れる抗酸化物質/活性酸素を増やす要因とは

Chapter 3 生活習慣と疾患の関係
*生活習慣と疾患の関係
サーカディアンリズム/体内時計/ストレスとは/自律神経とは/現代人の生活と自律神経の乱れ/ストレスマネジメント/自分に合うリラクセーション法を身に付ける/呼吸法
*腸内環境と疾患の関係
腸管免疫/腸内フローラ/ウンチの3分の1は腸内細菌/腸内環境悪化の要因/腸脳相関/腸内環境/活性酸素の有害性/ ストレスと活性酸素/癌との向き合い方

Chapter 4 予防医学と未病 ~病気にならない体づくり~
*予防医学と未病
予防医学の基本/自分の状態を知ることは予防医学の第一歩/未病の状態とは/東洋医学の特徴と西洋医学の特徴/冷えは万病の元/ 自律神経の乱れと冷え/血液と冷え/未病と向き合う/未病の改善/未病への取り組み方
*病気にならない体づくり
セルフメディケーション/デトックス/デトックスをサポートする睡眠/デトックスと食事/メンタルケア
*ストレスから身を守る
ストレスとは/メンタルケアに役立つ笑いの優れた効能
*眠りは心と体のメンテナンスを行うための大切な時間
1日に必要な睡眠時間/質の良い眠りのために必要なこと/メンタルケアと運動
*平熱37°C
酵素は37°C前後で最も活発に働く/低体温と未病/低体温という未病の先にあるもの/低体温改善とアロマセラピー / 低体温という未病

アロマコーディネーター

  • Lesson 1
    精油の活用法と注意事項
    (バスソルト作り)
  • Lesson 2
    精油の抽出方法と抽出部位
    (ボディーソープ作り)
  • Lesson 3
    キャリアオイルについて
    (トリートメントオイル作り)
  • Lesson 4
    精油のブレンド方法
    (ローション作り)
  • Lesson 5
    香りが脳に与える影響
    (フェイスパック作り)
  • Lesson 6
    フェイストリートメント
    解剖生理学
    (オイル作り)
  • Lesson 7
    香りの歴史
    (若返りの水作り)
  • Lesson 8
    精油の安全性と危険性
    (マウスウォッシュ作り)
  • Lesson 9
    精油の作用と身体の仕組み
    生理解剖学
    (ヘアパック作り)
  • Lesson 10
    ボディートリートメント
    解剖生理学
    (背面)
  • Lesson 11
    香りの心理作用
    (エアーフレッシュナー作り)
  • Lesson 12
    香水の知識を深める
    (香水作り)
  • Lesson 13
    精油の成分
    (歯磨き粉作り)
  • Lesson 14
    精油の禁忌を示す成分
    (蜜ろうクリーム作り)
  • Lesson 15
    アロマセラピーに関する法令
  • Lesson 16
    試験前対策

資格取得までの流れ

講座受講
全32時間
受験
6月、10月、2月の第2日曜日実施
受験料¥10,000(税別)※当校にて受験できます。
筆記試験・小論文(800字程度の課題作文)
合格
正会員登録
登録料¥30,000(税別)・年会費 12,000円 (税別)
資格取得
アロマコーディネーターとして認定書が発行されます。
32種類の精油を勉強します。
イランイラン Ylang Ylang ブラックペッパー Black Pepperオレンジ Orange フランキンセンス Frankincenseカモミール・ジャーマン Chamomile.G ペパーミント Peppermintカモミール・ローマ Chamomile.R ベルガモット Bergamotカルダモン Cardamon ベンゾイン Benzoinクラリセージ Clary Sage マージョラム Marjoramグレープフルーツ Grapefruit ミルラ Myrrhサイプレス Cypress メリッサ Melissaサンダルウッド sandalwood ヤロウ Yarrowシダーウッド(バージニアン) Cedarwood ユーカリ Eucalyptusジャスミン Jasmine ラベンダー Lavenderジュニパー Juniper レモン Lemonゼラニウム Geranium レモングラス Lemongrassティーツリー Ti-tree ローズ Roseネロリ Neroli ローズウッド Rosewoodパチュリー Patchouli ローズマリー Rosemary

カリキュラム

内容 ・香りが空間価値を高める理由
・シーン別、香りの提案方法
・合成香料と天然の精油の違い
・天然の精油だけで創るブレンドの価値について
・香り市場の歴史
・ブレンドの基本
・良い香りを創るポイント
・香りのノート(香調)について
・香りの分類と相性
・香りで空間を演出するデザイン性について

カリキュラム

内容 ・調香するにあたって大切なこと(芸術性、創造性)
・香りを言葉で伝える
・香りのテーマや世界観の決め方
・様々なクライアントに対するブレンドの提案方法
・陰陽五行、占星術、数秘術、風水に基づいた空間演出やパーソナルブレンドの方法
・調香の練習、実践

無料説明会&プチ体験会

まずは、無料説明会&プチ体験会

何でも聞けて不安や疑問を解消!あなたに合ったコースをご提案いたします。
詳しい講座の内容や資格取得の流れ、卒業後の就職のことなど、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP